労働審判が申し立てられた直後から、詳細なヒアリングを行い、主張を網羅した答弁書を作成することで、早期の和解ができた事例

【属性】

業種:歯科医院
従業員数:5名程度

 

【ご相談の経緯】

ある従業員の勤務態度が長期間にわたって問題があったことから、歯科医院側から解雇を通告したところ、当該従業員は解雇無効を主張し、労働審判を申し立てるに至りました。請求内容は労働者たる地位の確認でありましたが、実質は金銭要求でありました。

 

当該従業員は不当解雇を主張していましたが、解雇が相当と判断される事案でした。尚、事件の当事務所に来所された経緯は懇意にしている税理士からの紹介でした。

 

【当事務所の対応】

既に労働審判が申し立てられていたため、早急にヒアリングの機会を設け、充実した答弁書を作成すべく事実関係の詳細な聞き取りを行いました。その後、詳細な答弁書を裁判所に提出したうえ、第一回の審判期日に臨みました。

 

【結果】

詳細な答弁書が功を奏し、裁判所は当初から不当解雇ではないことを前提とした和解の話し合いを進めてくれ、最終的には事件の早期解決の観点から少額の金員を支払う内容の和解が成立し、事件は終了しました。

 

【ポイント】

労働審判が申し立てられた直後から詳細なヒアリングを実施し、当方の主張を網羅した詳細な答弁書を裁判所に提出できたことが当方に有利な解決を導いたものと考えられます。

JPS総合法律事務所(大阪弁護士会所属) 北浜駅より徒歩1分 メール受付