残業代請求・労基署対応

残業代請求について

最近、残業代請求事件が増加しています。残業代請求と一口に言っても、いわゆるサービス残業の問題から固定残業代の解釈の問題まで、さまざまな争点を孕んでいます。

残業代の問題が生じないよう、事前に就業規則を整備したり、労働時間管理を徹底すべきことはもちろんですが、いざ問題が生じてしまった場合には、早急に対応が必要です。

 

残業代請求の時効は2年ですが、会社の全従業員に2年分の残業代を支払うことになったら、会社の経営が傾いてしまうことにもなりかねません。

 

残業代請求がなされたら、すみやかに弁護士にご相談ください。当事務所は、事業主様からの法律相談が初回1時間無料となっております。既に起こってしまった問題だけでなく、人事労務に関する心配事など、なんでもお気軽にご相談ください。

 

労基署対応について

過重労働の問題が社会問題化するに従い、労働時間に関する労基署の調査、是正勧告が従来よりも頻繁かつ厳しいものになってきています。是正勧告は、その是非を訴訟で争うことができませんので、その対応はデリケートかつ難しいものを孕んでおります。

 

また、対応を誤れば、世間からの非難を招き、「ブラック企業」の烙印を押されることにもなりかねません。

 

労基署対応を誤らないために、ぜひ弁護士にご相談ください。当事務所は、事業主様からの法律相談が初回1時間無料となっております。既に起こってしまった問題だけでなく、人事労務に関する心配事など、なんでもお気軽にご相談ください。

JPS総合法律事務所(大阪弁護士会所属) 北浜駅より徒歩1分 メール受付