勤務態度の悪化した従業員の退職勧奨で、弁護士が同席をして早期に解決した事例

【属性】

従業員約20名、物流業

 

【ご相談の経緯】

当事務所と顧問契約をして頂いている会社様の事案。

ある社員が会社を辞めたい旨を発言するなど勤務態度が著しく悪化したことから、代表者から当該社員に対して退職を促したところ、当該社員は意に沿わない退職はできないと強硬に反論し、退職勧奨に応じなかった。このような状況の下、当事務所にご相談が持ち込まれた。

 

【当事務所の対応】

この事案は顧問契約をして頂いていた会社様の事案であり、だいぶ以前から当該社員の処遇についての打ち合わせを行っていた。当該社員は不当解雇や残業代を争ってくる可能性もあったため、当該社員に対しては慎重に対応することとし、代表者と当該労働者の話し合いの席に弁護士も同席した。

 

【結果】

当該労働者は代表者や弁護士からの説明を受け、最終的に退職することを決意し、退職に至った。

 

【解決のポイント】

当事務所と顧問契約を結んで頂いており、当該社員に対する対応も随時ご相談を受けてきた経緯や当該社員との話し合いの席上に弁護士が同席したことなどが功を奏し、早期の解決を導いたものと考えられる。

JPS総合法律事務所(大阪弁護士会所属) 北浜駅より徒歩1分 メール受付